読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか娘と☆

福岡在住の新米パパが娘との楽しい未来を夢見るブログ☆最近の趣味はボードゲーム

ウボンゴ3D

いつか娘とボードゲーム☆その九。
ウボンゴ 3D。

ドイツのゲーム。
パズルゲーム「ウボンゴ」が3Dにパワーアップ!

なかなかのお値段がするので躊躇していたところ、ウボンゴ推しの某podcast(ネットラジオ)番組がスタート(笑)「これは間違いなく面白かろう!」と思い切って購入しました(^o^)/


ウボンゴはスワヒリ語で「脳」という意味。

 

【ウボンゴ 3D】
人 数:2〜4人
対象年齢:10歳以上
時 間:30分

f:id:momoyo4:20160610175850j:image

大きい!厚みもなかなかのもの

f:id:momoyo4:20160610175924j:image

(モンチッチちゃん身長20cm)

箱の中は
説明書
パズルボード(9種類×4セット)×36、
パズルピース×40、
宝石×58、
ダイス、砂時計、布袋。

f:id:momoyo4:20160610180326j:image

 パズルボードにパズルピースを正しく配置するゲーム。ウボンゴ3Dは枠に収めるだけでなく、高さも揃える必要があります。制限時間内に他の人よりも早くパズルを完成させることが出来ると宝石(勝利点)を多く貰えます。

 

何が良いってパズルピースが良いですよね〜♪

4色に色分けされた立体ブロック。素材は樹脂でしょうか?マットな質感と適度な重量感が素敵!3Dを選んで良かった〜o(^▽^)o

パズルボードは裏表あってパズルピースを3つ使う通常盤と4つ使う上級盤があります。

f:id:momoyo4:20160610180125j:image 

 

 砂時計と10面ダイス。「出来た!」と思って顔を上げると既に砂時計が落ちきっていた、、、ウボンゴあるある(笑)

f:id:momoyo4:20160610194250j:image

 

宝石と布袋。勝利点になる宝石は色で点数が異なり、布袋から取り出す事で実力だけではない運の要素を取り入れています。が、正直使わない(笑)一回一回が勝負と言うか、「時間内に完成出来た!」「今回は○○に勝てた」で満足しちゃう。布袋が薄くてすぐ破れそうだからという理由も少なからずあるかもですm(_ _)m

あと、ルールで決められている通りに9ラウンドもしません。5ラウンドもすれば自分はお腹いっぱいです(笑)

f:id:momoyo4:20160610195400j:image

 

 

 

サイコロの目でお題となるパズルの枠の形と使用するパズルピースが決まります。使用するパズルピースを全員が手元に集めたら砂時計をひっくり返してゲームスタート☆

f:id:momoyo4:20160610194138j:image

 時間内にパズルが完成したら叫びましょう!

f:id:momoyo4:20160610201057j:image

 「ウボンゴ!!!」(^o^)/

 

 

他のレビューや感想を見ていると、「難しすぎるので注意!」と脅されることも有りますが、そんなに怖がることないと思います。確かに最初は難しくて時間内に完成出来ませんでしたが、出来るまで時間無制限にして何度か頑張ればパターンが分かってきて完成出来るようになります。かといって、経験者と未経験者で圧倒的な差が出来るかと言えばそうでもなく、得意な人は得意で不得意な人は何度かやればコツが掴めていく。誰にでも遊んでみて欲しいリプレイ性の高いゲームだと思います♪

自分も妻もお気に入りのゲームですo(^▽^)o

 
いつか娘とプレイ出来る日が楽しみです☆

ごきぶりポーカー

いつか娘とボードゲーム☆その八。

ドイツのゲーム。
2004年の作品。
またまたど定番ゲーム!(^◇^;)
うーむ、「記事を投稿するならゲームの遊び方をしっかり紹介しなければ!」などと思っていましたが、遊び方やシステムを紹介しているページは他にも沢山ありますし、このブログで繰り返す必要はないですよねぇm(_ _)m
なので、ボードゲームに関しては「ゲームのコンポーネント(部品)の画像多めで紹介する」、「初心者の感想、妄想」といったところに持って行こうと思います(笑)


人 数:2〜6人
対象年齢:8歳以上
時 間:20〜30分

f:id:momoyo4:20160329144906j:image
(モンチッチちゃん身長20cm)

「コレ、ゴキブリ。」
その言葉は本当か嘘か!!
アナタの決断は!?
ブラフゲームの大傑作!!

嫌われものが描かれたカードを他の人に押し付ける、ブラフ(はったり)が重要となるゲームです。

箱の中は説明書とカード64枚。
f:id:momoyo4:20160329144934j:image

ゴキブリ、カメムシ、ハエ、クモ、サソリ、ネズミ、コウモリ、カエル。8種類の嫌われものが8枚づつ。同じ種類でもイラストが違っていてグッド!(^ー^)b

f:id:momoyo4:20160329145009j:image

クモ
f:id:momoyo4:20160329145031j:image

サソリ
f:id:momoyo4:20160329145050j:image

ネズミ
f:id:momoyo4:20160329145122j:image

カエル
f:id:momoyo4:20160329145144j:image

ゴキブリ
f:id:momoyo4:20160329145204j:image

ハエ
f:id:momoyo4:20160329145223j:image

コウモリ
f:id:momoyo4:20160329145239j:image

イラスト良いですよね〜♪
ゴキブリとハエがお気に入りo(^▽^)o

ゲームの説明をしている間、妻と義母から「イラストが気持ち悪い!」「嘘を言わせるゲームなんて良くない」「負ける人を決めるゲームは嫌」などとネガティヴな意見が出ましたが、
実際に遊んでみるとゲラゲラ笑っていました(笑)

いつか娘とプレイ出来る日が楽しみです☆

おばけキャッチ

いつか娘とボードゲーム☆その七。
おばけキャッチ。

ドイツのゲーム。
これまた子供向けボードゲームのド定番!
木製のコマが素敵o(^▽^)o


【おばけキャッチ】
人       数:2〜8人
対象年齢:8歳以上
時       間:20〜30分

f:id:momoyo4:20160328142434j:image
(モンチッチちゃんは身長20cm)

幽霊屋敷で呪われたカメラが見つかった。
このカメラで撮影されたものは、どういうわけか時々間違った色で写ってしまうという・・・。正しい色で写っているのか?あるいは間違っているのか?

写真カードを見て、正解となる木製コマをいち早くつかむゲームです。
一番早くつかんだ人に勝利点1(当てたお題カードを受け取ります)。
ゲーム終了時に一番勝利点が高い人が優勝です。


箱の中は写真カード60枚と木製コマ5つ。
f:id:momoyo4:20160328142607j:image

木製のコマ。
赤いイス、白いおばけ、緑のビン、青い本。
f:id:momoyo4:20160328142904j:image

写真カード。モノと色の組み合わせがバラバラ
f:id:momoyo4:20160328143323j:image

正解は二つのパターンに分かれます。
(1)正しく写っているモノがある場合、正しいコマをつかみます。
(2)正しく写っているモノがない場合、モノも色も写っていないコマをつかみます。

この写真カードの場合
f:id:momoyo4:20160328151002j:image
(カードには赤いビンと青いおばけ)

正しく写っているモノがないので正解は(2)のパターン。カードと関連のないコマが正解です。
赤いイス→赤いビンが写っているので✖️
白いおばけ→青いおばけが写っているので✖️
緑のビン→赤いビンが写っているので✖️
青い本→青いおばけが写っているので✖️
正解は灰色のネズミ!
f:id:momoyo4:20160328151036j:image


このカードの場合、(2)。正解は赤いイス
f:id:momoyo4:20160328170312j:image


このカードの場合、(1)。正解は白いおばけ
f:id:momoyo4:20160328170512j:image

(遊んでみた感想)
◆若いほど強い?
頭の回転も身体の動きも素早さが重要。60代の義父義母は全くついてこれず0点でした(^◇^;)
同年代か子供に花を持たせるつもりでプレイするのが良さそう☆

◆青いネズミが曲者!
狙ってなのか?イラストの青を灰色と間違えやすい(>_<)
何度お手つきしたことかm(_ _)m
f:id:momoyo4:20160328192801j:image


いつか娘とプレイ出来る日が楽しみです☆